>

歯並びの矯正治療とは?早めにするべき?

子どもの矯正治療

子どもの矯正治療、永久歯が生えそろってから行なうのか、それとも早めの治療がベターなのか、よく親御さんが悩まれるところです。
歯科医院や医師によっても意見が分かれるところですので、いくつかのクリニックで相談してから判断された方が良いでしょう。
ただいずれの場合にも、クリニックへ相談する際は早めの方がおすすめです。

では早ければいつからできるのかと言うと、前歯の上下4本が永久歯に生え変わった時期が目安となります。
年齢的には、6~8歳程度といったところでしょう。
早めの治療が推奨されるのは、反対咬合・上顎前歯部の叢生・交叉咬合といった3つの症状が現れたケースです。
これらは放っておくと症状が悪化するので、早めの対応がベターだと言われます。

大人になってから矯正することのメリット

子どもがいつから歯列矯正をするのかについては賛否ありますが、大人になってからの矯正についてはどうでしょうか。
大人になってからだと歯の位置が定着しているため、一般的に治療に要する期間が長くなり、それに伴って費用の負担が大きくなるのが一般的です。
しかし、大人になってから歯列矯正することにもメリットは存在します。

見た目の美しさによって自分に自信が持てるようになったり、身体の不調が改善されたりといったメリットは、大人だからこそ強く感じられるメリットでもあります。
明らかに不具合がある場合には早めの治療が勧められることでしょう。
しかし特に見た目で言うならば、成長の過程で顔つきというものは変わりますので、軽度であれば大人になってから判断するのも1つの方法です。


この記事をシェアする